アーカイブ | 6月 2016

行きたくないそうです

保育所に行くのでしょう。男の子が、「おうち帰りたいよ。おうち帰りたいよ。おうち帰りたい」と、お母さんに懇願しています。お母さんも、毎朝のことなのか、無視して、自転車を出しています。わかると思いながら、お母さんはどんな気持ちなのかと思います。
お姉ちゃんが、小学校になってしまい、弟は、一人で保育所にいかないといけないのでしょう。行きたくないのです。
保育所のスクールバスも見かけましたが、小さな小型のワゴンに、小さい子供がたくさん乗っていました。今の時代、子供も本当に、大変な時代になっています。ゆっくりできずに、一人の時間はありません。いつも誰かがいて、共有しないといけません。
こうなると、一人になる時間も必要だから、小学生になった子供は、一人で家にいる時間を楽しめるのだといいます。
確かに、そうかもしれません。親も、働いて、子供の部屋を作ってやることができます。子供も大きくなると、親が部屋を与えてくれたことに感謝できるのかもしれません。
給与計算代行ならサンクスペイにおまかせ

健康効果のある最高の飲み物のビール

ビールを飲んでいて私は健康です。ビールは別名「液体のパン」ともいわれて、原料の麦に由来するビタミンB群やミネラルが比較的豊富です。ビタミンBの一種である葉酸は、ワインやウイスキーの100~1000倍も含まれています。その働きで、脂質の代謝を活発にし、皮膚の健康を保って肌荒れを防いでくれています。また、ビールの中には、原料のビール酵母の成分である核酸が溶け出しています。この核酸には、新陳代謝を活発にして、肝臓の働きを助ける効果があり、老化防止にも有効です。さらに最近では、生きたビール酵母に、ニンニクを食べた後の口臭を消す効果があるといわれてきています。さらに、ビールの苦味には原料のホップに由来するものですが、ヨーロッパには昔から「ホップ畑で働く女性は肌がきれいで健康」という言葉があり、これは、ホップのルプリンに女性ホルモンを補う働きがあるためで、ビールにも更年期障害を改善する働きがあるといわれています。つまり、ビールは食欲増進や尿路結石の排出のほか、肌荒れ、口臭の軽減、更年期障害の改善にも役立ち、このほかに、気分をやわらげ、ストレスによるイライラを軽減する効果があります。
これから、ビールの飲むことのできる季節で健康効果のある最高の飲み物だと思っています。
サブリースをしたいと思っている大家さんはコチラ